和Olive園についてAbout us

和Olive園をはじめたきっかけ

私は農家の長男として生まれましたが、農業には見向きもせずに働いてきました。
しかし50代半ばになり、約1ヘクタールの農地を維持管理しなくてはならなくなりました。

そんな時、私たちを導いてくれたのは庭に植えてあった1本のオリーブの樹。
元来飲み食い道楽の私と料理上手の妻が、当時ブームが到来していたオリーブオイルに目を付けたのは自然の流れでした。
先輩農家を訪問しお話を聞く中で、私のところでもオリーブは育つとの確信を得て、
2016年の秋、0.2ヘクタールの畑に60本のオリーブを植えたのがスタートです。
以降、農薬・除草剤不使用のスタンスを変えることなく、オリーブの栽培を続けています。

和Olive園の歩み

2016年9月 自家所有の畑にオリーブの定植を開始。0.2ヘクタールの農地に60本(品種:ルッカ、アルベキナ、コロネイキ、フラントイオ)
2017年3月 さらに農園を拡大。0.6ヘクタール(合計0.8ヘクタール)に190本(合計250本)。(追加品種:ネバディロブランコ、ミッション、セントキャサリン、シプレッシーノ)
2018年3月 さらに農園を拡大。0.07ヘクタール(合計0.87ヘクタール)に20本(合計270本)。
2018年9月 さらに農園を拡大。0.03ヘクタール(合計0.9ヘクタール)に10本(合計280本)。
2019年4月 耕作放棄地を借りて農園を拡大。0.1ヘクタール(合計1ヘクタール)に30本(合計310本)
2019年9月 さらに耕作放棄地を借りて農園を拡大。0.25ヘクタール(合計1.25ヘクタール)、80本(合計390本)
2019年9月 オリーブオイル製造の為の搾油機をイタリアから導入
2019年10月 初のオリーブオイル搾油。ルッカ種メインのブレンドと、アルベキナ種メインのブレンドの2種のオリーブオイルを商品化。
2020年2月 小楠梨紗 オリーブオイルソムリエ資格取得
2020年3月 さらに農園を拡大。0.25ヘクタール(合計1.5ヘクタール)に80本(合計470本)。(追加品種:ピクアル、レッチーノ)

概要

会社名和Olive園(カズオリーブエン)
代表者小楠 和男
所在地〒432-8057
静岡県浜松市南区堤町11
Google map
電話番号 053-441-2840053-441-2840
農園に出ている場合は不在となりますので、できるだけメールでのご連絡にご協力をお願いします。
メールアドレスinfo@kazu-olive.jp
PAGE TOP